白髪ぼかし、白髪手術で失敗する理由

最近は、「白髪ぼかし」や「白髪手術」なるものが流行っているようですが、

これに後悔して…直して欲しいというお客様もいらっしゃいます。

ブリーチを伴う、これから白髪を目立たなくするハイライトは

出典; Google

以下のようなデメリットがあります。

  • 昔のギャルみたいになる、友達から「いい年したおばさんがギャルみたいで痛い」と言われる。
  • 色落ちがした時に金髪のメッシュになった。職場でアウトだった。
  • ただ白髪が増えただけじゃない?と家族から言われる。
  • 昔の「メッシュ」と言われる
  • ケアブリーチを使って、その時は傷まないでブリーチできるけど、トリートメント成分が抜けた時に、傷んでバサバサの汚いブリーチの髪になる。

特にミディアム〜ロングの長さを保ちたい方は、色味が抜け落ちた時にバサバサに広がるし、クシは引っかかるし、傷んだ部分を切り落とすまで1年近くもかかって大変だったりします。

年齢とともに、ツヤは大切だし

昔のギャルやメッシュのような太いメッシュは、海外ではやってる人はいないです(地方のダサいパーマ屋さんにやってもらったチャンキーなハイライトって感覚です)

ブリーチを使わずに、明るいカラー剤を使用して、もっと細かく毛束をすくって、ツヤ感を大切にしながら、白髪をお洒落な明るいカラーにする事は全然可能です。

ブリーチを使わない白髪ぼかし、脱白髪染めのご相談はこちらから

https://stekina.com/profile/K2TZ-5DWM?stype=lp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。